ホワイトニングの方法を歯医者さんで教えてもらおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

保険が使えない治療

歯医者

歪んだ歯並びは笑ったときや話しているときに目立ってしまいます。人から見えるそんな歯並びにコンプレックスを感じているという人も少なくないのです。なぜなら、日本では矯正治療を子どものときに行なう習慣があまりないからです。海外では約50%もの人が歯並びを気にしているという話もあります。その国では歯並びを子どもの頃に治すということが一般的だからです。なぜ、そんな国があるのに日本では矯正をする人が少ないのでしょうか。その理由の一つが矯正するときの費用の高さにあります。立川や大きな都市にある歯医者では矯正治療を一般的なブラケットという方法で行なう場合に、約80万円前後に費用が必要になるのです。さらに、治療中の見た目が気にならないクリアブラケットや裏側矯正という方法を組み合わせると100万円を越えてしまうこともあるのです。このように治療費が高いわけは保険が適用されないからです。立川の歯医者で虫歯や歯周病を治療するときには保険証と提示して治療を受けます。このように病気を治すという場合は保険が使えるので自分で負担する金額が約3割という安い費用で治療できるのです。しかし、今の日本では歯の歪みは病気とは考えられておらず保険が適用されません。治療費の全額を自分で立川の歯医者に払うことになるため、費用が高いのです。

そんな患者の負担を考えて分割払いを了承してくれるという歯医者が立川やその周辺にはたくさんあります。大きな費用を一度に払えない場合は毎月少しずつ、もしくは診療の度に払って行くことで負担を軽減しているのです。また、大きなお金を使うのでカードでの支払いができるという立川の歯医者もあります。カードが使えればポイントを貯めることもできてお得です。保険が適用できなくても、矯正治療の大きな治療費は医療費控除に使うことができます。その説明も立川の歯医者で詳しく聞いてみましょう。